エンジニア・インタビュー

業界未経験で入社したエンジニア2人。面倒見のよいサポート体制のもとで、それぞれが資格取得や業務に取り組んでいます。

業務に取り組みながら、資格取得に集中できるサポートが心強いです。

私は、33歳のときに中途採用でアドソフトに入社しました。前職はシステム開発とは別の職種でしたが、業務効率化のためにプログラミングの学習を始めました。少しずつ自分が作りたいものが作れるようになると楽しくなり、システム開発の仕事に就きたいと思うようになりました。30代・未経験での転職活動は厳しいものでしたが、アドソフトの面接では経験の有無に関わらず真剣に話を聞いてもらえたことがとても印象的で、入社を決意しました。

入社後しばらく経った頃、社長から中小企業診断士の資格取得を勧められました。中小企業診断士の試験は範囲が広く難易度が高いことから、なかなか学習を開始するには至りませんでしたが、その後友人が合格したという話を聞き、自分も挑戦してみようと思うようになりました。この資格の受験者のほとんどが、仕事をしながら学習をすると言われており、学習時間の確保が問題となります。また、資格予備校に通う場合で数十万円、独学の場合の教材費でも数万円の費用がかかり、高額な受験料も支払う必要があります。

私は独学で挑戦することにしましたが、アドソフトの資格取得支援により教材費や受験料をすべて会社で負担してもらうことができ、費用面の心配をすることなく学習が進められました。また、あくまで仕事優先と考えており、仕事が忙しくなった場合は受験の延期なども必要になるかと思っていましたが、仕事のスケジュールについても試験を考慮して調整してもらえました。これにより、仕事と学習を無理なく両立させ、2018年の一次~二次試験を一発合格することができました。

今後は、中小企業診断士試験の学習を通して得た経営の知識を「中小企業のIT化を応援する」というアドソフトの仕事に活かし、お客様の目線に立ったシステム開発のできるエンジニアになれるよう努力したいと思います。アドソフトには、「成長したい」という意欲がある方を全力でバックアップする体制があります。仕事や資格取得を通して知識やスキルを高めたいという方、ぜひ一緒に成長していきましょう。

人を育てる環境が整っているから、
未経験や年齢といった不安は心配いりません!

私は業界経験がなく、またプログラミング経験もないまったくの未経験で入社し約9ヵ月が経ちます。現在はプログラミングと製造したプログラムの保守を行っています。私は、人より年齢的に遅い29歳で入社しました。正直、入社前は業務をこなせるか不安でしたが、今はその不安は感じません。なぜなら、社内に未経験の人を育てようという雰囲気があり、未経験者が段階を経てシステム開発に携わっていくことができるからです。

私は、入社してから研修中も含めずっと社内で作業をしています。社内は比較的静かですが、皆さん優しく質問しやすい環境です。この9ヵ月の間に、上の人に指導していただきながら、お客様との打ち合わせ、設計、進捗の管理、プログラミングを経験しました。あるプロジェクトでは設計から納品まで一貫して携わることができ大変貴重な経験をしました。

まだまだ身に付けるべきことは多くありますが、一歩ずつSEとしての経験と知識を積み重ねていきたいと思っています。当面の目標はプロジェクトの管理をできるようになることです。